DJ/MC/リポーター 不破 CINDY 智子 シンガポールの生活/案内
FM、AMラジオ、CM、から聞こえる高くてコロコロした声でお馴染み。DJ/MC/リポーター不破 CINDY 智子のあれこれをお楽しみ下さい!
不破 CINDY 智子 オフィシャルウェブサイトへようこそ!! This is the FUWA CINDY TOMOKO official web site. Check it out!
プロフィール 不破智子
日本でのお仕事
シンガポールの生活
栄養/食物/健康
ブログ
お問い合わせ


| 《 記事リストへ戻る 《 Go back to Singapore topics list | HOME |


2006年1月29日(Sun) Chinese New Year




シンガポール、「シンガポール共和国」の総人口はおよそ400万人、 そのうち76%を占めているのが「華人」と呼ばれる中華系の人々です。

華人にとっての年中行事の一大イベントは中国正月です。いわゆる旧正月です。
中国正月は中国暦によって基づき毎年変動します。2006年は1月29、30日です。

中国正月には日本の正月と似た習慣があります。まず、日本と同様に、新年のご挨拶に、親戚や知人宅を家族で回ります。シンガポーリアンは若者でさえ、正月はずっと親戚と時間を過ごします。 また、お年玉もあります!アンパオ(紅包)と呼ばれています。日本と違うのは、真っ赤な「お年玉袋」を使います。また、渡す相手は子供だけに限らず、独身者全般が対象になるそうです。私も頂けちゃいます!

さて、私は大晦日にあたる1月28日、Chinatown(チャイナタウン)へと出掛けました。

地下鉄を降りた瞬間から活気づいた町に圧倒されます。すでに新年を祝う、赤や金、黄色の装飾が施されています。夜の11時頃向かいましたが、さまざまな形のランタンや電飾でこうこうと町に明かりが燈され、まるでお昼間の様です。「中国正月」に「中華街(唐人街)」へ買出しに出掛ける。この時期が1年で一番賑わう時期と言えるでしょう。




Chinatown(チャイナタウン)の場所は、シンガポール川の南側、New Bridge Rd(ニュー・ブリッジ・ロード)とSouth Bridge RD.(サウス・ブリッジ・ロード)を中心に広がっています。都市開発が進み洗練された雰囲気がするオーチャードなどの街中と比べ、チャイナタウンは中国の人々の生活の香りのする町です。

大晦日の夜、中国語での呼び込みの声が響き渡り、客も歯切れの良い中国語で値段交渉をしています。まるで中国本土にいる様ですね。チャイナタウンでお馴染みの、歩道にはみ出しテーブルや椅子を並べている「チャイナタウンフードストリート(屋台の飲食店)」にも、 この時期さらに数えられない露天商が登場し、路上にところ狭しと商品を並べています。また、およそ150件の屋台が軒を連ねるナイトマーケットも買い物客で溢れます。店先には正月ならでは祝いの食物や飾りで埋め尽くされます。

私にとっては珍しい商品ばかりで、それぞれの露天の前で目を丸くして手に取りました。ここで、人々が買い求める正月準備の品物を少し紹介します。


正月飾りは、漢字が書き記された、赤い切り絵や飾り物があります。 めでたい言葉や句で新年の幸福を願います。 中でも玄関の入り口の左右に飾られる対句の掛け物が有名ですね。



(写真※有名なフルーツの王様「ドリアン」です!一帯はドリアン独特の香りがしています) また食べ物では、この時期にしかお目見えしない菓子やフルーツ等が販売されます。 正月挨拶へ訪れるお宅へ手土産に持っていくそうです。


私がこの日、いくつもの商店で味見をして、買い求めたのは、伝統菓子のクッキーです。 パイナップルやココナッツを使っていて、甘すぎず、フルーティーでとってもおいしいです!!

チャイナタウンは大晦日の夜から、中国正月の間ずっと地元の方々や、この時期ならではの珍しい土産を買い求める観光客で賑わいます。

カウントダウンは、地元の中国語放送のTV局が巨大ステージを組み、生放送を行っていまいます。また、その模様をチャイナタウンの数箇所の巨大スクリーンにも映し出し、歩行者天国になっている路上の人々と共にカウントダウンします。 もちろんカウントダウンは中国語です。

「ウーッ、スーッ、サンッ、アーッ、イーッ!!」

次の瞬間は、数分間鳴り続く爆竹の音が耳に飛び込みます。私にとっては至上最大のハイボリュームです。全ての音が爆竹の爆音で妨げられ、叫んでいる人々の声も聞こえません!!

花火やスモークなど賑やかな催しで新年が幕開けします。 露天商の叩き売りが始まります。売り子の声はさらに大きくなり、周りを人々が取り囲みます。中華街の盛り上がりは最高潮に達します。

生活感の溢れる町でいきいきした人々の声の中で迎える、私にとっては今年2度目のシンガポールで迎える「新年」です。

新しい年の幸福と健康、飛躍を心の中で祈りました。


前のページへ戻る


プロフィールシンガポールの生活/案内日本での仕事栄養・食物・健康お問い合わせHOME


Copyright (C) Fuwa Cindy Tomoko. All Rights Reserved.

↑Page Top