DJ/MC/リポーター 不破 CINDY 智子 シンガポールの生活/案内
FM、AMラジオ、CM、から聞こえる高くてコロコロした声でお馴染み。DJ/MC/リポーター不破 CINDY 智子のあれこれをお楽しみ下さい!
不破 CINDY 智子 オフィシャルウェブサイトへようこそ!! This is the FUWA CINDY TOMOKO official web site. Check it out!
プロフィール 不破智子
日本でのお仕事
シンガポールの生活
栄養/食物/健康
ブログ
お問い合わせ


| 《 記事リストへ戻る 《 Go back to Singapore topics list | HOME |


2006年5月4日(Thu) SPA VIBA!!


日本は大型連休!シンガポールにいる私のところにも日本からの来客がありました。
と、言ってもこちらは、平日。この数日間、大学が終わった後午後の時間を使って、観光地やおすすめの料理を食べに出掛けていました。 この日も、私は午前中授業を受けました。
ご一行様にとっては最終日、「とろけるような日にして欲しい!」というご希望。
そう!幅広いリラクゼーションスポットも1つのシンガポールの魅力です。ご一行様を満足させなければと、事前に駐在員の方の奥さんやシンガポーリアンの友人など、方々に聞きまわりました。
そして、その中から、シンガポールで最もラグジュアリーなスパの一つ、ガーデンスパを予約しちゃいました。

ショッピングやグルメに期待を寄せてシンガポールへ来られたご様子のご一行様ですが、これまで旅の疲れを癒せればいいですね。

水着持参で出掛ければ1日中、併設される数種類のプールで過ごせるとのこと。予約の時点ですでに期待が高まります。

午前中は小雨がパラつき、午後になっても曇り空のこの日。タクシーでスパの前まで向かいました。建物の外観は静かな雰囲気でコテージの様です。
ドキドキしながら扉を開けると、ホワーットほのかに香るアロマの香りがしています。揃いで、上品な色のアロファシャツを着ているスタッフに迎えられます!

エントランスをくぐった瞬間から、「癒しの空間」そのもの!全てのものに細かい心配りがされているのが分かります。





こげ茶色で木目がしっかりと見えるフローリングの床、レセプション(受付)のカウンターも、待合のベンチも、テーブルも、同じ材質の家具で統一されています。
かめに浮かべられた花びらやオブジェ、クリーム色の薄い生地のカーテン、窓越しに見える南国らしい庭。
超「セレブ(一流)」の雰囲気に少しの緊張も覚えつつ、チェックインを済ませて、早速庭のベンチでハーブティーを頂きます。

着替えの一式を渡され、ロッカールームへ。その奥には、マッサージの後入るジャグジーやサウナなどがあります。

ガウンに着替えてロッカールームから出て行くと、年配の女性が言葉少な目にガーデンを抜けて屋外のプライベートルームへ案内してくれます。熱帯植物の葉を幾重にも重ねた屋根の小屋はまるで、映画のセットの様です。
小屋の中にささやかに流れるヒーリングミュージックはさらに気持ちを和らげます。

私達は「4ハンズ・マッサージ」というふたりのテラピスト(療法士)がシンクロ(時間を合わせて)させて行うコースにしました。
まず、4種類のアロマオイルの入った小瓶から自分の好みの香りを選びます、
「ローズ」「オレンジ・ラベンダー」「レモン・ラベンダー」「オーシャン」。
私は「オレンジ・ラベンダー」を選びました。好みの香りで身を包まれ、マッサージが始められます。

私の記憶は、現実と夢とのハザマを行き来して、体が徐々に軽くなっていくのを感じました。足の裏、ひざ、太もも、腰、背中、肩、首、腕、掌と、60分かけてコリを丁寧にほぐしてくれます。 ボディーマッサージが終わった後、改めてガーデンで案内されたのは、水に浮かぶカフェ。実はこの水上カフェもプライベートスペースとして利用できる様になっています。

透明なグラスにハーブティーが注がれます。
至福の時を過ごした後の私達、ガウンを着たまま、注がれたハーブティーも香りを楽しむ程度で、終始沈黙。気の許せるグループとは言え、個々に瞑想にふけて黙り込む不思議な時間を過ごしました。全身の力が抜け、気持ちがどこかへいってしまったんですね。笑





次に、程よい頃合に案内されたのが、ガーデンプール、泥プールを含む数種類のプール、好きなだけいていいとのことです。

この空間では、植物、水などの自然からの癒しの工夫がされていると説明を受けました。「ううん(納得)!」とうなずけます。
シンガポールのこうした高級スパには、「フラワーバス(花びらを浮かべるバス)」「カップルジャグジー(ペアーで入れるプライベートジャグジー)」「フェイシャル(アロマオイルを使った顔まわりのケア)」などがセットになっており、それぞれのサロンがハワイアン風、地中海風、バリ風、中国明朝時代風など、さまざまなコンセプトを打ち出しています。
好みの雰囲気、コースを選べますね。

私は、今回の様なこうした「高級」と名の付くスパは初体験でした。食べる楽しみ、見る楽しみ、買う楽しみ、といろいろありますが、この五感で味わう「癒し」!にハマッテしまいそうです。

しかし、お財布との相談もありますから、年に1度のご褒美、または3年に1度・・・。他との折り合いをつけて、幸いにも再度来られたらいいなぁ、と思いつつ、このガーデンスパを後にしました。

実はこの日、やはり癒しというのは体だけでなく心に響いているんだと感じました。しばらくいつも以上に何事にも寛大になっていた私!笑
気持ちの余裕ってホントに大事なんですね。

みなさんも「心のリフレッシュ」していますか???




前のページへ戻る


プロフィールシンガポールの生活/案内日本での仕事栄養・食物・健康お問い合わせHOME


Copyright (C) Fuwa Cindy Tomoko. All Rights Reserved.

↑Page Top